どうも!神龍ウェブ担当?のナリケンでーす。
ショップのブログなのに、毎度毎度ふざけた文章ですみません。



前回、書いた「ミスターのNEWストックルーム」の新居がいきなり雨漏りする件で、



私が「ミスター、欠陥住宅掴まされたね」って話したら、


ミスター「いえいえ、インドネシアで新築すると、こんなモンですよ」だって(笑)


やっぱり彼はアロワナの国にドップリ浸かり、生粋のインドネシア人と化してるな~。



日本の常識で考えるなら、自宅を新築してスグに雨漏りとか、発狂しちゃうレベルなのに、彼は当たり前のように受け止めてる。




さすが!タナカ・クオリティ(爆)




こんな人だから、日本人に誤解されやすいのだろうね☆







さて、本題に入ります!本日は超神龍プレミアムNo.1
動画を見て貰えばわかるのですが、頬の張り等の爆裂体系への条件は全て満たしています。




ですが!前に紹介した3匹に比べると、小柄で現状の見た目が少し弱く感じます。




ただ、それだけ(笑)
超烈龍の名を付けてもイイくらいの個体です。







私的予想では、この個体、あと5センチくらい成長すると、一気に化ける雰囲気があります。



ブタ系を何匹も買った(飼った)私ですから、単純に太くなるか?ならないか程度はわかります。




とは言っても、その個体がしっかり餌を食べる環境を提供出来なければ意味がありません。。



それが出来て、初めてモンスターアロワナへの道が開けるのですから!





例えば、ヤフブロでお馴染みのタクヤマさん


こんなモンスターアロワナを飼育されているのですが、
イメージ 1
この個体も幼魚期は餌を食べさせるのに苦労していました。




「えっ!?」って思われる方が殆どでしょうが、タクヤマさんから度々その件で相談を受けたのを思い出します。



WTさんでは人工飼料もバカスカ丸呑みしていた、この個体「クレイジー君」を意気揚々と持ち帰り
イメージ 2
スタートダッシュと言わんばかりに餌を満腹に食べさす戦略が、出鼻を挫かれる事に(泣)



餌の偏食、そして覇気も弱い等、飼育開始早々から悩む事も多かったようです。



でも彼(タクヤマさん)は、水槽位置を変更したり、水質を見直したりし、一つ一つ試行錯誤を繰り返し、自分で解決して行ったのです。





そしてキッカケを掴んだ幼魚は、一気に覇気を取り戻し、遅れた分を取り返すかの如く大爆食!



逆に言えば、環境を見直さず、キッカケを掴む事が出来なかれば、ズルズルと行ってたかも知れません。





タクヤマさんの努力の末、遂には、こんな迫力体型を誇るモンスターアロワナへと変貌したのです。
イメージ 3

しかも、まだ進化途中!
2歳弱と若い個体なので、更なる迫力、そして発色が期待出来るでしょうね。





「ブタ系の幼魚なら金さえ出せば、どんな環境でもモンスターになる!」なんて絶対法則はありません。






迫力体型に育てている人達は、私の知る限り、皆が努力し、試行錯誤をしているのです。





赤くなる個体も一緒!
「この個体を買えば、自動的に赤くなる!」
そんなに甘くないのが、アロワナの一番面白いところではないでしょうか。




勿論、太くなる素質がない個体に努力しても無理でしょうし、仮に成長期に一時的に太くなっても、数年経てばいつの間にかベーシックな体型に戻ってしまいます。




本当の意味でゴツくなる個体は骨格から違うし、同じ餌の量でも全く肉付きが変わって来ます。



「自分の期待を込めた大切な個体に、如何に餌を欲する環境を提供してあげられるか!」が最重要課題なのです。







と言う訳で、今回も名言?行きまーす☆

この個体が太くなったら私のお陰、
太くならなかったら飼育者の責任って事でOK?(爆)



ってのは冗談ですが、
私も個体紹介を任された身!
もし飼育で悩まれた時や、個体導入で悩まれた時は、私でよろしければいつでもご相談下さいね。



神龍さんの問い合わせフォームにご連絡下されば私に届きます。